インテリア

房総フィールドインテリア 杉の足場板でテーブル天板を作る2日目 天板のサンディング、RYOBI TR-51でトリミング、組み立てへ(1930era CAST ALUMINUM BISTRO TABLE LEG)

本日は、電動工具を使って、足場板を使ったテーブル天板の仕上げ作業。房総フィールドのソーラー発電システムでは容量が足りず電動工具が使えないため、東京自宅での作業です。

furniture3_01.jpg

今日使う工具は電動サンダと、このテーブルの加工のために購入した電動トリマ RYOBI TR-51

furniture3_02.jpg

足場板の表面は綺麗にサンディングされていますが裏面は荒削りされたような状態。まずは、足場板の裏面をサンディング。

furniture3_03.jpg

裏面のサンディングを終え、バラバラになっている足場板を、先週末加工した接続用平板で連結していきます。


トリミング作業 RYOBI TR-51

furniture3_05.jpg

天板のエッジをそのままにしてもよいのですが、ちょっと味気ないので、トリマを使ってアクセントをつけることにしました。

今回はトリマに付属していた6mmビットでエッジに段差をつけてみます。

トリマはこの作業のために購入し、使うのは初めて。端材で何度か練習しましたが、一発勝負なので緊張します(笑)

furniture3_06.jpg

多少ムラはあるものの、初めてにしてはまぁまぁな出来?!



furniture3_07.jpg

このままだとエッジが硬いので、80番の紙やすりで面取り

furniture3_09.jpg

杉材は柔らかくすぐに削れてしまうので軽く擦る感じで削っていきました。

概ねイメージ通り。あとは組み立てれば完了です。

furniture3_10.jpg

本日使用した道具達。ご苦労様でした!





午後は野暮用があったので、土曜日の夜に房総入り

furniture3_11.jpg

バラバラの天板を持ち込み、再び組み立て。

furniture3_12.jpg

furniture3_13.jpg

脚部を2.8mmの木ねじで裏返し取り付け完了♪

furniture3_14.jpg

当初は天板を塗装する予定でしたが、なかなかイメージに近い色が入らず結局そのまま。

端材を使ってテストして合うものが見つかったら塗ることにします。





今日小屋に持ち込んだもう一つがこれ

furniture3_15.jpg

小屋を建て始めたころから考えていた椅子

furniture3_16.jpg

トーネットやアーコールチェアのような木製の椅子も考えたのですが、多少乱暴に扱っても気にならないインダストリアル系の中からチョイス。このMultipl's chair(マルチプルズチェア)と兄弟のようなTOLIX A-Chairと悩みましたが、ガルバナイズド(スチールに亜鉛メッキ)でありながらエレガントなフォルムに惹かれ、最終的にMultipl's chairをチョイス。

まだまだ殺風景ですが、徐々にイメージが形になっていきます。

6畳1間の限られた空間でもインテリア遊びは楽しい♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

カラー

三角トラスが印象的な部屋ですが、壁や床や照明そして椅子の「カラー」の調和が絶妙ですね!
この状況の中でテーブルが、どの様な色に染まるのか、楽しみですねぇ〜!

Re: カラー

コメントありがとうございます!

色使いは難しいですね。特に室内は気を使います。
テーブルは端材を使って何色か試したのですが納得できる色が出ずしばらくこのままになりそうです。

インテリア作りと並行して塗料探しな日々が続きます!
非公開コメント

プロフィール

東京から少し離れた房総でオルタナティブなライフスタイルを模索する日々を綴るブログです。

2010年末に土地「房総フィールド」を購入。
平日は東京で仕事、週末を房総で過ごす二拠点居住生活にむけ準備中。
家はおろか水道電気などのインフラすらない敷地がどのように変化していくのか?!

1年目は、拠点づくりのために「小屋を建ててること」「いくつかの作物を作ってみること」から始める予定です。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム