パネルハウス内装

房総フィールドデベロップメント パネルハウス内装 35日目 床板(足場板)のレイアウトを考える

朝5時。雨音で目を覚まします。

やばい。外に荷物出しっぱなし・・・

眠気をはらって小屋内に撤収。

interior35_01.jpg

ということで日曜日は雨模様。

interior35_02.jpg

荷物を外に出せないと作業がしにくいので、今日はのんびり過ごすことにします。

interior35_03.jpg

フジカハイペットでお湯を沸かしている間に、むき出しのままだったコンセントボックスにプレートを付けました。

interior35_04.jpg

コンセントはアメリカCooper社のアース付き。プレートは陶器製。

interior35_05.jpg

室内のシーリングと外灯のタンブラースイッチ。これもCooper社製。
プレートはいわゆるアメリカンスイッチと呼ばれているもので、こちらも陶器製。

イメージよりちょっと甘くなっちゃったかな(笑)
質感はプラスチック製より圧倒的に良いですね。





床板(足場板)のレイアウトを考える


今日は昨日、広島のWoodProさんより届いた足場板をどのように配置するかを考えます。

interior35_06.jpg

購入した足場板は30mmの杉板。板によって素直なものもあれば、反りがでているのもあり、1枚ごとに個性があります。

interior35_07.jpg

昨日、仮置きした際に、たまたま縦横に並べたところ、これがなかなか悪くないのです(笑)

当初は縦並べていく予定でしたが、急遽プラン変更。

interior35_08.jpg

入り口と後ろの窓側を横にして、真ん中を縦にしてみました。

入り口部分を6枚、窓側を2枚から始め、一枚ずつずらしながらイメージを固めていきます。

結局ほぼ均等に入り口部分を4枚、窓側を4.5枚で落ち着きました。

interior35_09.jpg

小屋を組み立てながら妄想していたイメージがだんだんカタチになっていきます。

この感覚はプラモデルを作っている時に似ていますが、実際に使える1/1スケールなので、また一味違うものです。これはやってみないとわからないものですね。もしかしたら料理に近い感覚なのかもしれません。





interior35_10.jpg

雨は降ったりやんだり。

interior35_11.jpg

昨日向かいの畑のおばちゃんにもらったお芋を温めて、インスタント豚汁でお昼。

interior35_12.jpg

床材は防水処理はされていないので扱いに気を使います。

貼り終わったら撥水効果のある塗料を塗る予定。風合いを落とさずに処理したいところです。

interior35_13.jpg

さて、今日はここまで。

interior35_14.jpg

反りを抑えるために四方に床板を積んで撤収作業完了

interior35_15.jpg

今日は雨でしたが、ほんのすこし暖かさを感じました。春はもうすぐですね。





帰りにホームセンターによったら、

interior35_16.jpg

やっとみつけたー!!!

ひとりで塗れるもん ビクトリアグリーン

来週は壁塗り作業再開かな!?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

かっこいい!

いい感じいい感じ!
かっこいいですねー。肌触りもよさそうです。
施工は難しそうですね。あとひと踏ん張り頑張ってください。
次は暖かいと思いますよ。

Re: かっこいい!

杉板は柔らかいですね。
使っていくうちにいっぱい傷が付いて味が出てきそうです(笑)
結構反りがあるのできっちり固定できるか心配ですが、まぁ、チャレンジしてみます!
非公開コメント

プロフィール

東京から少し離れた房総でオルタナティブなライフスタイルを模索する日々を綴るブログです。

2010年末に土地「房総フィールド」を購入。
平日は東京で仕事、週末を房総で過ごす二拠点居住生活にむけ準備中。
家はおろか水道電気などのインフラすらない敷地がどのように変化していくのか?!

1年目は、拠点づくりのために「小屋を建ててること」「いくつかの作物を作ってみること」から始める予定です。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム